トップページ

◆ もひかん林檎とは? ◆

無肥料・減農薬・葉取らず・樹上完熟栽培で作られた安心・安全で、とっても美味しい「もひかん林檎」です。

箱を開けた瞬間に林檎の良い香りが漂よいます。



果実栽培ではタブーとされていた「上に伸びる枝」を有効利用する剪定方法を考案し、栽培をしたところ、りんご樹の形がモヒカン刈りのように見えることから「もひかん林檎」と名づけました。

 

もひかん林檎樹形 徒長枝の有効利用により無肥料栽培が可能になりました。


もひかん林檎は慣行栽培の三分の一しか収穫できません。多肥料、多農薬で収量を増やすことより、安心、安全を優先した林檎栽培をしています。

肥料を与えることでリンゴは大きく、たくさん結実します。しかし、美味しく安全な林檎を作る秘訣は、肥料を与えないことなのです。窒素肥料過多は、発ガン物質であるニトロソアミンを発生させる原因となると言われています。

慣行栽培より最大70%減らした減農薬です。

青森県ではりんご黒星病・ふらん病・まん延防止条例で、りんごの木をまもるため、無農薬は禁止されています。しかし、徹底的に安心・安全にこだわるため、7月中旬に最後の薬剤散布(最大限70%OFFの薬剤量)としています。

 

もひかん林檎のプレミアム・コスモサンフジ


葉とらず、樹上完熟林檎です。

甘みたっぷり、美味しくなるのは、無肥料、葉取らず、樹上完熟だからです。

 

安全・安心な最高品質の「もひかん林檎」をご家庭に産地直送いたします。

 

写真は3キロ箱です。

他にも15キロ、10キロ、5キロの樹上完熟林檎セットがございます。

 

 

 

 

もひかん林檎園 工藤久明さんプロフィール

2001年、リンゴ価格の暴落にともない工藤さんは、従来の多肥料、多農薬栽培に疑問を感じ、2008年より無肥料、減農薬、葉とらず完熟、草生栽培の「もひかん林檎」栽培を始めました。
栽培当初から、従来の多肥料、多農薬に疑問を持ち、、徐々に肥料や農薬の量を減らしてきたので「奇跡のリンゴ」の木村秋則さんのように、全く花が咲かなくなるような事は無かったのです。しかし、慣行栽培の農家は、減農薬には批判的でした。 病虫害に弱い果実・・・病気や害虫が発生しやすい果実!それがリンゴです。その事は映画「奇跡のリンゴ」でも取り上げられています。農薬をかけなければ、収穫量は一割と言われるリンゴ。工藤さんも木村さんのように、大変な苦労を繰り返しながら、リンゴ栽培を続けてきました。しかし、安心・安全で美味しい林檎を作っても、買い取り価格は消費者が信じられないくらいの低価格なのです。「このままではリンゴ農家を続けられない!」工藤さんは瀬戸際に立たされ、行き着いたのが、減農薬、無肥料、葉取らず、樹上完熟栽培の林檎を作り、直販することだったのです。徒長枝を有効利用した無肥料栽培・・・リンゴ栽培は、徒長枝を剪定することが常識とされてきましたが、工藤さんは徒長枝にも必然性があって生えてくると気づきました。この徒長枝を独自の剪定方法で残し、空気中の窒素を取り入れるだけではなく、徒長枝から成長ホルモンが分泌することを生かし、無肥料栽培を可能にしたのです。その結果、林檎の木がモヒカン刈りのように見えるので、工藤さんは、リンゴに「もひかん林檎」と名付けました。

 

◆もひかん林檎販売代表 栗原光弘 ◆

県立高校教諭を56歳で早期退職、北海道に不登校支援・くるみの学校を設立。その後、神奈川県に戻り、県立高校や私立中高の非常勤講師、2017年4月から公立高校のスクールカウンセラーとなり、Kuri-Tカウンセリングルームを神奈川県厚木市に設立、不登校、ひきこもり、出社拒否、うつ病のカウンセリングに従事している。

2014年、facebook 友達からこの林檎を紹介され、食べてみると驚くほど香り高く、濃厚な甘みが口の中に広がりました。今まで食べたことのない味で、その日から他の林檎が食べられなくなってしまう。

その後、もひかん林檎のネット販売を企画していた方が、辞退されてしまい、2016年6月、ネットや会員制度を使ったもひかん林檎販売を設立。

生産量が多肥料、多農薬の三分の一しかない安心、安全な美味しい林檎を作る工藤さんが適正な収入を得るためには、中間マージンを除ける直販しかなく、そのお手伝いをすることになりました。

スーパーなどで売られているのは、保存性を良くするために、未熟な状態で収穫されたリンゴがほとんどです。安心、安全な美味しい林檎は、無肥料、減農薬、葉取らず、樹上完熟でしかできません。そのポリシーで作られた林檎を、適正な価格で産地直送致します。一度食べたら忘れることのできない香り高く濃厚な甘さのもひかん林檎。ぜひ召し上がってみてください!


 

新着情報

2016年10月03日
○○新聞に「○○○○○○」が掲載されました。
2016年10月02日
○○○○○○○○を更新しました。
2016年10月01日
サイトをオープンしました。